ドレステリア ロングコート グレー サイズ36,
スリーエイト会社概要
培ってきた「モノ作り」と、
代を見据えた「ユニークな発想」
組曲 チェスターコート,
最先端の機械や技術を駆使したものづくりをしながら、それを支えているのは職人の技と、 お客様に求められた以上のものを作ることへのこだわり。それがスリーエイトの“作品”のクオリティ。

西川ダウン ウールロングコート ロングコート 豪華

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

西川ダウン ウールロングコート ロングコート 豪華

西川ダウン ウールロングコート 豪華

西川ダウン ウールロングコート
ブラックです(^^) 2年前に購入したものになります。 新しくダウンを新調したため出品します! 汚れ、シミ等ありません。
商品の情報
カテゴリー:レディース>ジャケット/アウター>ロングコート>
商品のサイズ:目立った傷や汚れなし
商品のサイズ:M
ブランド:ナノ ユニバース
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:M
発送までの日数:2~3日で発送

西川ダウン ウールロングコート ロングコート 豪華

西川ダウン ウールロングコート ロングコート 豪華

  • 5.00

    良い!

    ぷっちゃん

    デザインも可愛く、サイズもちょうど良かった。

  • 2.00

    見ると気分が落ち込みます。

    Amazon カスタマー

    監督が人を食べるグロくてエロいの撮りたい!そんな考えから生まれた作品。物語のあらすじがないと困るので後から環境問題テーマにしてジャングルだから食人部族をひとつまみ!こんな感じで話が出来たであろう作品。時間とSAN値の無駄です。

  • 5.00

    透け度

    春木 陸.

    乳首透けた

  • 3.00

    平和ボケの勘違いポンコツにはおすすめする作品でドキュメントでないのが残念

    jalhnd

    勘違いしているポンコツクソガキには絶対に見なければならない映画であること、スクリーンとしてジャングルの緑と先住民の赤という異色なショットに興味を持ってこの映画を鑑賞した。現在では放送禁止になる過激な描写を味わいながら見ていたのだが、作品の展開が進むうちに単なるグロいだけでは終わらないテーマを内包しているのが理解できるどんな映画でも受け取りて次第で評価は違うこの映画を見た人が思い浮かぶテーマは大抵、「理解不能な野蛮人の恐怖」や「利益のために自然破壊を進める文明人への警鐘」などです。しかし、私が見出したテーマを題するならば、「現代社会の多様性の実現・未開の社会性に偏見を捨てることの難しさ」である。「盲目的に文化を尊重せよ」というのではない(食人族にとってテリトリーを犯す部外者の食人は当たり前のことだから、主人公一行は食べられて当然だった、不幸な遭遇では無い)。確かにヤハ族の世界観、価値観では人間を食べ物として消費するということは正しいだろう。しかし、具体的に言うならばヤハ族「部外者=食べ物」とする部族で、当然「部外者=敵」とする部族なのである。文化圏の違う言葉の通じないものは恐怖なのだ説得力が増すように主人公一行の動向を振り返ってみれば。まずはジャスティンが受けた割礼である。映画の冒頭の講義のシーンでも説明があったように、割礼は村の女性となる為の儀式なのだ。だとしたらただの餌に対して自分達の一員となる儀式を施すだろうか?ダニエルの蟻攻めについても同様である。話の流れから見ると脱走の罰のようにも見えるが蟻攻めも(講義で完全に説明されることはなかったが)村の男性となる為の儀式である。この事から、ヤハ族は彼らを仲間として受け入れようとしていたのだ。 では村について早々殺されたジョナについてはどうか。これも彼の様子を注視すれば理由が浮かんでくる。墜落中の機内での不自然な嘔吐、村に連行されている時の虚ろな表情、そして食べられる直前の黄味がかった顔。活動前の会話もヒントである。つまり彼は黄熱病に罹っていたのだ。近代医学など露程も知らないヤハ族にとって黄味がかった顔の人間は皆死ぬものなのだろう。従って彼らのやり方にのっとって「食べ物」として弔ったのである。この弔いはサマンサについても当てはまる。舟に着いてから食事になるまで全く語られなかった彼女の紆余曲折を推測する鍵は「悪天候」である。サマンサが逃亡するシーンは作中唯一の雷雨で川が増水し濁流となっていた。そんな中ちっぽけな舟に乗った彼女はおそらく溺死したのだろう。そして彼女の死体を発見したヤハ族は彼女を「食べ物」として、あるいは「装飾品」として弔ったのだ。エイミーとラースについては言うまでもない。前者は自殺、後者は自身らが仕掛けたマリファナによって引き起こしたことであり、ヤハ族の意思で彼を殺したわけではない。すると最後のシーンでアレハンドロが生きていたのも納得がいくだろう。ヤハ族は彼らを食べる為ではなく仲間として連れてきたのだから、健康な彼が殺される理由はどこにもないのだ。またジャスティンとダニエルが不時着現場で見つけた死体についても同じ論理が通じるだろう。そのシーンで立てられていた死体はどれも事故ですでに死んでいた人々のものであり、ヤハ族が殺したのではない。この行為の理由については「外敵への威嚇」ととらえることもできなくはないが、自分達の力を用いていないものを威嚇に使うのは些か不自然である。なぜなら威嚇とは己の強さを示すための行為だからである。従って保存の為か弔い方の一つ(村内と村外の死は異なるのか?あるいは鮮度の問題か?これは分からない)などではないかと思う。 以上の事から、ヤハ族は主人公達を同じ人間であり仲間として認識し、彼らなりの仕方で歓迎したのである。ここから逆説的に「偏見をなくす難しさ」が現れる。ヤハ族の行為の本質を理解できなかった主人公達は彼らを野蛮な食人族としてしか認識できず、その思い込みのままに命を捨てていった。一方、ヤハ族側も、主人公達を仲間と認識しながらも自分達のやり方をある意味無理強いした事で勘違いを生じさせる一因を生んでいるだろう。そんなヤハ族の中では、ジャスティンを助けダニエルを介錯した少年はある程度自他の立場を客観視できる「理解ある」人物と言えるかもしれない。そして彼の存在を通してジャスティンは最終的にヤハ族も自分も同じ人間であり仲間であると理解したのだろう。そしてこの偏見は我々鑑賞者も例外ではない。自分達と全く異なる全身赤い肌、人を生きたまま食材にする食人文化。現代の価値観に飲み込まれている多くの鑑賞者はそれらの要素に目を眩まされてヤハ族を「理解不能な野蛮人」としてしか認識できない。だから「太ったジョナが最初に食べられた」「化粧を施されたジャスティンは特別な食材?」「実は生きていたアレハンドロを助けに行くのか?」などと、まるでヤハ族を食べる事しか頭にない本能だけの野獣かのように前提して感想を述べる(もしくは、私の感想があまりにも的外れなのかもしれない)。「多様性を大切に」としきりに語りながらその実、知らず知らず己の価値観・己の論理のみを正義・善として恣意的に物事を判断してはいないだろうか。その凝り固まった偏見によって作中のタランチュラ(おそらくローズヘア系。温厚でおとなしく、余程のことをしない限り噛まないだろう)のように平然と殺される者、またはエイミーのように自分を殺してしまう者はいないだろうか。 最後に一つ。私の解釈においてヤハ族に真っ先にかつ執拗に射殺されたカーラだけは満足のいく結論を出せなかった。彼らに不用意に近づいた為に敵と認識されたか、あるいは何か根拠や手掛かりを見落としたか、もしくはこの解釈自体が無理筋なのかどれもイマイチ腑に落ちない。リピートして検証するにしても説明不足な点が沢山ある、自然を保護する運動が善で開発が悪の対比と先住民が文化圏の人間を食うのが比例しない点だ現代人は食肉産業として牛豚鳥等を生産化して食べているのと切り口が違うだけなのでしゃべるかしゃべらないかの違いに見えるラストシーンが消化不良に終わるのは残念だ

  • 5.00

    エロではなくカワイイ

    マツ

    パートナーのプレゼントのため購入。普段より1サイズ大きめを購入しちょうど良かった。ピンクを購入しましたが、可愛らしくお尻の透けが目の保養になりました。

  • 5.00

    2度と見たくない

    Amazon カスタマー

    食人部族に捕まっちゃった!という話です。ストーリーも表現もクオリティが高く、このテーマに真摯に取り組んだホラー映画という印象です。全くありきたりではないですが、実際にあり得ると思わせるような無理のない展開が続き、悪い突飛さなどはないように思います。また、表現に関しても嫌というほど一々リアリティがあります。非常に高品質ですが、このテーマでこのクオリティの作品を出されるとひたすらグロくて怖いので2度と見たくはないです。ホラーは20作品程度は見ていると思いますが、動画の残り時間を10回近く確認したのは初めてです。とはいえ非常に高品質なので★5です。

  • 3.00

    期待してます

    大働 昇

    彼女にシークレットで、買いました。サイズが合うか心配です

  • 4.00

    ストーリーがちゃんとあるのが良い

    E

    単なるエログロを見たくてこの映画を見ると、伏線に驚かされます。以下、ネタバレです。閲覧注意。・主人公が「父は国連の職員」と講義で発言したことから、活動メンバーの目にとまった:right_arrow:黒人のお兄ちゃんが(下心もあって?)主人公を勧誘・抗議活動で主人公女性だけが狙われたのは、初めから仕組まれていることだった(黒人男性が手渡そうとした鍵をすり替えたのはリーダーの彼女)。その後の展開も打ち合わせ通りの茶番だった・「ジャガーが悪を祓う」と言われているくだりがあり、その後エンディング近くでジャガー再登場。主人公が襲われなかったところから、原住民たちは「悪」ではないと判断して去って行った?・タトゥーのお姉ちゃんと「薬飲まないとダメなんだってば」と半ばパニックになっていたお姉ちゃん二人はカップル(手を繋いだり、バイクタクシーのようなものに乗る際、「シートベルトは?」「私が捕まえとく」という会話があり、後半の脱出直前にキスシーンがある)。:right_arrow:舟まで走って逃げたお姉ちゃんは死んでしまい、自分の食べた食事がその肉だったんだと気づいたので(薬が必要な方の)お姉ちゃんは自殺してしまった(逃げたお姉ちゃんのタトゥーを子供が肌に貼って「わー綺麗!」みたいなことをしている)。始終冷静で上からメンバーに「静かにして」とか諫めてたアレハンドロのブロンド彼女が(予定外の)飛行機墜落後に取り乱して「どこへ行っても同じ、迷うだけよ」と絶望する姿はリアルでした(しかしその後の頭に矢が突き刺さるのは何が何でも頭が柔らかすぎませんか、と思いましたが)。食人族の料理風景が和やかすぎて一周回ってリアル。胴体の皮をはいでいるのを見ている男の子がちょっと舌なめずりみたいな、美味しいものを見る反応をしてます。食物として人間を見ていたら「おいしいごちそう」としか思えないんだろうなーという感じ。牛とか家畜もいるけど、あれは大切な保存用といった感じなのでしょうか。原住民の黄色と黒の人は黄色が族長とかで黒は処刑人? 黄色い人は女なんかーい、と突っ込んでしまいました。髪の毛を角のようなものでかき分けたりするのはどんな意味があるんだろうか。男女をそれで見分けている? 意外に黄色と黒は二人で一つな存在なのかもしれないなーと思ってみたり。黒人のお兄ちゃんは墜落後から顕著に具合が悪そうで、だから先に食べられちゃったんだと思いますが、それにしても殺して血抜きしてから食べるという文明は無い感じなんですね。残酷パートその1として仕方がないのかもしれないですが。アマゾンの奥底で下痢になるなんて描写も映画では省かれがちですが、リアルな描写ですね。夜にみんなが寝静まった頃に仲間割れになったりするのもリアル。パニック映画として、平たい面白くない王道とは一線を画していると感じます。カルロス(現地の協力者で、草を調達したお兄ちゃん)を殺すために墜落が仕組まれたのなら、やっぱり因果応報って感じで、“ついていくリーダーを間違えちゃったかわいそうな大学生たち”の話なんですよね、これって。意識高い人が必ずしも人間的に優れた人ではないよ、というメッセージですね。クソな人間でも志だけ高いアレハンドロみたいなのもいるよー、という感じで。かなりのブラックジョークですが。「俺の特製ハーブで全員ぶっ飛んでもらうぜ」のくだりはお前のハーブじゃないだろ、と笑ってしまったし、それならビニールは外した方がいいのでは? と単純な疑問。もう死んでるエイミーを黒い人がオーバーキルするのもちょっとわからない。ゾンビ映画さながらに食われる展開はちょっとコメディチックになっているなという感じでした(女の子が人込みから足を持ってひょっこり走り去るのも無邪気な撮られ方に思える)。グロ・恐怖とコミカルな部分のバランスが凄いです。主人公たちには人を楽しそうに食べる異民族でしかない食人族だが、実際は……? 理解不能な存在が理解不能なことをすると恐怖でしかないということがこの映画でかなり明確になっています。そしてしかも最後(エンドロール中)で明かされる、アレハンドロ生存説。憎まれっ子世にはばかるを地で行く感じです(笑) クソ野郎と直接非難されても自分で認めているからか、否定もしないし平気で仲間を踏み台にする始末。でもそういうやつに限ってやはり生き残るんでしょうね。人生って儘ならないなあとしみじみ。一方で初めから割とずっと冷静な頭つるつる髭ボーボーのお兄ちゃんは最後の最後でやっぱり……という展開。でも介錯人がいただけいくらかマシなんでしょうか。主人公補正で生き残った主人公ですが、ちょっとこの後波乱の展開がありそうで続編があるなら見てみたいですね。単純に血みどろパニック映画でストーリーがペラッペラではないのがこの映画の良いところだと思います。こういうスプラッター系で久しぶりに面白いのに出会えました。

  • 3.00

    どう言ったらいいのか・・・

    cpl-555

    イーライ・ロスの作品はホステル以降はパッとしませんね本作も1980年の食人族ほどのショッキングさはありませんホステルがレンタルというところをみると本作は権利が安いんでしょうまあ現代スプラッターはどれもあまり面白くないですね古い作品ほどの荒唐無稽さがないところもつまらない原因でしょうか食人部族も対立する部族や周りに人間がいない状況でどうやって人を調達するのかわからないツメの甘い部分もありますしラストで環境問題にちょっと触れてるようなところがありますが取ってつけたような感じですこれ以上の評価はつけられないですね

  • 4.00

    私にはちょうど良い

    Amazon カスタマー

    他のレビューにありましたが貧乳貧尻の私にはちょうど良いものでした。フルバックが好きだし裏がレース状になっているので勝負下着にもできそうです。胸もパッドが良い感じで盛り上げてくれるのでありがたい物と思っています。

西川ダウン ウールロングコート ロングコート 豪華

会社案内
職人の技とものづくりへのこだわりを学んだ修業時代

今の仕事との出会いは、私が23歳の時にさかのぼります。ふと目にした地元相馬の小さな看板屋に飛び込み同然で雇ってもらい、社長一人社員一人の会社で朝から晩まで働き、この仕事の基礎を学びました。   昔の看板屋は皆プライドが高く、自分に誇りを持っていました。今とはレベルが違います。看板の文字も当時は手書きが当たり前の時代です。たぶん私たちが、それが出来る最後の世代ですね。そこで自信をつけ仙台でやってみたくなり、27歳の時に仙台の大手ディスプレイ会社に入りました。大型デパートのディスプレイや、当時は博覧会ブームだったので1992年の三陸・海の博覧会をはじめ、全国の仕事に夢中で取り組んでいました。
仕事のためだけの仕事にはしたくない
1995年に独立して「スリーエイト」を仙台市荒浜で立ち上げました。私が昭和38年8月8日、しかも8時に8号室で生まれたことが社名の由来です。
  1. ホーム
  2. ロングコート
  3. 西川ダウン ウールロングコート
作業中の社長
震災後に当社で携わった「3.11メモリアル交流館」1階の壁面立体地図の製作では、スタッフに荒浜出身者が多いこともあり、震災に関わりが多いと感じていたので、仕事としてはもちろんですが、それ以上に何か使命感みたいなものを非常に感じました。
請け負った案件のすべてが私たちの作品です
私が看板屋かディスプレイ屋またはイベント屋か、人によってイメージが違うようです。一貫して言えることは、ものづくりなら何でもやっていきます。 お客様からご依頼があれば、難しいことでもそれを受け止め、実現するために努力することが大切なのだと思っています。
「苦しい時のスリーエイトさん頼み」と言われますが、こんなにありがたいことはありません。 うちの強みは「求められた以上のものを作っていこう」ということ。いい意味で、お客様の期待を裏切りたい。もちろん同じ仕様のものを大量につくるとなると、大手さんや海外生産の会社さんにはコスト面でどうしてもかないません。そのような相談があった場合は、逆にそういった会社さんをご紹介することも少なくありません。でも、そこでクオリティの違いを感じていただけるはずと自信を持ってお約束いたします。



代表取締役安達裕明

代表取締役  安達 裕明  Adachi Hiroaki

商 号株式会社 スリーエイト
所 在 地本社 〒984-0015 仙台市若林区卸町1-3-3 TEL :022-782-6689  FAX:022-782-6659 第2工場 〒983-0034 仙台市宮城野区扇町3-1-19"
代 表 者代表取締役 安達 裕明
創 業1995年11月20日
会社設立2002年 8月 8日  有限会社スリーエイト 設立
2007年 6月10日  株式会社スリーエイト 商号変更し現在に至る
事業内容屋外広告サイン/企画・デザイン設計・施工・監理
展示会イベント/企画・デザイン設計・施工・監理
店舗内外装・什器/企画・デザイン設計・施工・監理
美術造作/企画・デザイン設計・製作
各種ディスプレイ・空間デザイン
各種シート施工
各種販促物製作(ノベルティ・記念品等)
オリジナルグッズ製作
レーザー加工/UVインクジェットプリント/3Dプリント
ドローン空撮
従業員数15名
所属団体(社)全日本屋外広告業団体連合会 宮城県屋外広告美術協同組合
(社)日本ディスプレイ業団体連合会 宮城県ディスプレイ協会
仙台商工会議所
協同組合仙台卸商センター
仙台卸商センター青年経営研究会
公益社団法人 仙台中法人会
仙台はせくら倫理法人会
株式会社 日本商工振興会 守成クラブ仙台
宮城ドローン研修会
建築業許可一般建設業 宮城県知事許可 第18871号(内装仕上工事業)
屋外広告業登録 宮城 宮城県 第205号 仙台市 第218号
岩手 岩手県 第308号 盛岡市 第308号
秋田 秋田県 指令秋建-80-5 秋田市 第347号
山形 山形県 第838号
福島 福島県 第90500号
青森 青森県 第511号(01) 青森市 特例第17-006号
八戸市 特例第173号
無人飛行機飛行に係る許可及び承認航空法第132条に基づき許可承認済
東空運 第2136号 東空倹 第1009号
資格取得者(有資格者) 屋外広告士 3名
商業施設士 1名
第二種電気工事士 1名
屋外広告物点検技能講習   2名
職長・安全衛生責任者    2名
高所作業車資格       3名
玉掛け資格         2名
移動式クレーン資格     1名
ゴンドラ資格        1名
有機溶剤作業主任者     1名
ガス溶接資格        2名
危険物取扱乙4種資格     1名
足場の組立等特別教育    5名
特殊電気資格 ネオン    1名
フォークリフト資格     1名
ドローン操縦士       2名

代表取締役 安達裕明
★ドローン検定
   無人航空従事者試験 1級
   LID:JA000059082435
★DJI CAMP 技能認定
   DJI CAMP SPECIALIST
   認定番号 20000019
★第四級アマチュア無線技士
   免許番号 IBQN00396
★屋外広告物点検技能講習修了

保有設備
・大型インクジェットプリンター
・レーザー加工機
・UVダイレクトプリンター
・カッティングプロッタ
・ホットラミネーター
・パネルソー
・他

【Lisa Lisa Ashiya】リサリサ芦屋 新品 ロングコート